個人営業部門(リテール営業)

リテール部門

 東海東京証券は、個人のお客さまの特性やニーズに応じた商品・サービスを提供するため、富裕層・成熟層・資産形成層のセグメントごとに、「リテール顧客セグメント別戦略」を推進しています。

強み

  • 中部地区における圧倒的プレゼンス。地域のお客さまとの強固な信頼関係
  • 富裕層向けビジネスの充実。資産形成層顧客のアクセスを考慮したブランド構築
  • 海外金融機関との緊密な提携関係による外国株式・外国債券における情報力

戦略

  • リテール顧客セグメント別戦略の独自性の追求

富裕層向け:「オルクドール」の機能・サービスの一層の充実。首都圏への拡大

成熟層向け:法・個一体営業による顧客開拓

資産形成層向け:「マニーク」を活かした新サービスの展開

経営計画の進捗

 経営計画「New Age’s, Flag Bearer 5 ~新時代の旗手~」では、その基本方針のひとつに「リテール顧客セグメント別戦略の独自性の追求」を掲げています。富裕層向けビジネスでは、お客さまとご家族へのトータルソリューション提案や非金融サービスの推進により顧客満足度が向上。「Orque d’or(オルクドール)」のメンバー数・預かり資産は着実に伸びています。成熟層向けビジネスでは、相続・事業承継のサポートや、データベースマーケティングを取り入れるなど、より高度なサービス提供に注力しています。20代から40代を中心とする資産形成層向けには、証券・保険・住宅ローンを提供する「MONEQUE(マニーク)」の店舗展開と同時に、FinTechの活用など積極的に行い機能の拡充を進めています。

地域別収益 商品別収益

年代別預かり資産