健康経営

 当社はこのたび、健康経営の推進にあたり、社員が健康で活き活きと長く働く環境を整えるための施策として「ウェルビーイング宣言」を制定いたしました。

「ウェルビーイング宣言」

 当社グループは、社員一人ひとりの健康維持を経営の重要なテーマの一つと位置づけ、
身体的、精神的、社会的に良好な状態を保つ環境構築に向けて取り組んでまいります。

  • 1. 社員の健康状態や課題を常に把握し、状況に応じた健康増進策を検討・実施いたします。
  • 2. 心身ともに健康な状態を保つため、日頃の健康増進策に取り組みます。
  • 3. 社員一人ひとりに向き合い、健康管理と病気の予防に努めるとともに、治療と仕事の両立に取り組みます。

健康経営推進体制

健康経営推進協議会

健康経営推進協議会

健康診断結果などから社員の健康状態を把握し、課題抽出するとともに、
健康保持・増進に向けた各種施策を検討。
施策の効果検証や健康増進目標の設定を行う。

CHO(Chief Health Officer:健康経営最高責任者)

新 CHO(Chief Health Officer:健康経営最高責任者)

専務執行役員 総合企画グループ担任 北川 尚子

 「私は子供のころから『健全な精神は健全な肉体に宿るから体を鍛えなきゃ』と言われて育った世代です。健康経営はこの言葉に親和性があると考えています。

 社員の健康診断や疾患のデータを参考に、生活習慣を改善し、健全・健康で豊かな人生を送れるよう、グループ一体となって健康経営を推進していきたいと考えております。」

CHOとは、チーフ・ヘルス・オフィサー(Chief Heaalth Officer)の略語で、社員の健康増進に向けて取り組むための最高責任者です。
社員の健康保持・増進に関する業務全般を統括する役割を担います。

ウェルビーイング大使

人事企画部 黒須 成美

人事企画部 黒須 成美(2012年 近代五種競技ロンドン五輪日本代表)

【役割】

選手時代に培った、効率的な身体の使い方やストレス軽減、栄養バランスと手軽さを兼ね備えた食事法などを社員に紹介。身体のプロとして、簡単で身近なところから改善できるスキルを伝授する。

活動例:マインド系「メンタルトレーニング」「リフレッシュ呼吸法」

コンディショニング系「姿勢矯正でメタボ改善!」「簡単運動で体すっきり」
その他「20分クッキングで食生活改善」

黒須成美 プロフィール

(黒須成美 プロフィール)

2010年 第1回全日本選手権大会 優勝
第16回アジア競技大会広州大会 5位入賞
2011年 第2回全日本選手権大会 優勝(2連覇)
2012年 当社入社
近代五種競技ロンドン五輪に日本代表として出場
2014年 第17回アジア競技大会仁川大会
個人 6位入賞
団体 銀メダル

現在、人事企画部の業務に加え、週末はスポーツイベントへの参加や、若手選手向けの研修講師、近代五種の日本女子代表コーチとして活動

「健康経営優良法人2020」の認定

健康経営優良法人2020

当社は経済産業省および日本健康会議が選定する「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に認定されました。
健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
今後も、社員が健康で活き活きと長く働く環境を整えるための施策に積極的に取り組んでまいります。

健康経営の取り組み状況

1.社員の健康支援

医療専門家(産業医・専任保健師)による社員の健康状態の管理、支援を行っています。

(1) 健康診断結果に基づく支援

健康診断結果に基づき、産業医より再検査推奨レターを発送し受診勧奨を行っています。
また、生活習慣病予備軍の社員に対しては、食事・運動を含めた保健指導を実施し、疾病の予防に向けた健康管理の推進をおこなっています。

(2)メンタルヘルスケア

相談窓口を設置し相談体制を整えることで、社員のメンタル疾患の未然防止に取り組んでいます。
また、再発防止のため、職場復帰後の体調確認や医師面談を取り入れ、復職者の支援を継続的におこなっています。

ウェルビーイング通信

2.社員の健康意識の醸成

社員の健康意識の醸成を目的とした取り組みを実施しています。日常生活に取り入れる事ができる身近な健康に関する情報を「ウェルビーイング通信」として定期的に配信し、社員の健康のサポートをしています。

3.社員向け健康イベント

元アスリートであるウェルビーイング大使(人事企画部所属 黒須 成美/2012年 近代五種競技ロンドン五輪日本代表)が講師を務める健康イベントを定期開催しています。
デスクや自宅で簡単にでき、継続できる運動で、ストレッチや体幹トレーニングを中心に実施しています。

社員向け健康イベントの開催
スポーツエールカンパニー 東京都スポーツ推進企業

4.運動機会の促進

運動機会の促進による健康支援のため、スポーツに対する社内外への積極的な取り組みをしています。
当社はアスリートの採用をはじめ、社員のスポーツ活動を推進する取り組みや地域スポーツへの貢献活動を実施している企業として、スポーツ庁から令和元年度「スポーツエールカンパニー」、東京都オリンピック・パラリンピック準備局から令和元年度「東京都スポーツ推進企業」に認定されました。

5.ストレスチェックの実施

50名未満の事業所を含む全社員を対象として、多くの社員がストレスチェックを受検するよう、受検推奨に力を入れています。また、分析結果を活用した職場環境改善をおこなっています。

6.長時間労働への対策

社員の健康管理の観点から長時間労働の削減に努めています。一定の労働時間を超過した場合、所属長に対し、労働時間適正化の指導を実施しています。
また、長時間労働に該当する社員に対しては、心身の健康状態の支援をおこなうため、専任保健師による問診票に基づく体調確認をおこない、医師面接を実施しています。

7.健康経営勉強会の開催

グループ会社の人事総務責任者向けに「健康経営勉強会」を開催しています。勉強会では、健康経営推進方針、社員の健康管理についての情報共有、メンタルヘルス不調者の対応についての研修をおこなっています。