「青山学院大学 経済学部国際シンポジウム」開催

「青山学院大学 経済学部国際シンポジウム」

左から:
N.K.シン インド財務委員会会長、李國宝 東亜銀行会長、ジャン・クロード・トリシェ 元欧州中央銀行総裁
エンリケ・V・イグレシアス 元米州開発銀行総裁、ロバート・キミット 元米財務副長官、内海孚 GAB議長

2018年5月24日(木)、青山学院大学 本多記念国際会議場にて当社のグローバル・アドバイザリー・ボード(以下、GAB)のメンバーによる国際シンポジウム*を開催いたしました。

青山学院大学 三木学長のご挨拶の後、藤村 経済学部教授をモデレーターとして、GABメンバー5名と特別ゲストのシン・インド財務委員会会長によるパネルディスカッションを行い、青山学院大学の学生・院生など約350名にご参加いただきました。

GABメンバーが世界経済情勢や政治動向、今後の見通し等についてスピーチを行なった後、学生からの多くの質問が寄せられました。

グローバル・アドバイザリー・ボード

当社グループの国内外での戦略強化に生かすため、海外主要国の各界有識者をメンバーとする「グローバル・アドバイザリー・ボード」(GAB)を、2014年に設置しました。毎年ミーティングを開催し、世界各地域の経済動向や地政学的状況についてディスカッションしていただいています。

*当該国際シンポジウムは、グローバル・アドバイザリー・ボードの公開イベントの1つです。
 国際金融経済に関心を持ってもらう機会として学生向けに開催しています。

質問をする学生