2021年5月11日

各 位

東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社
代表取締役社長 石田 建昭
東京都中央区日本橋二丁目5番1号
証券コード 8616 東証・名証第一部

フィデアホールディングス株式会社との
金融商品仲介業務提携に関する基本合意について

 当社は、フィデアホールディングス株式会社(代表執行役社長 田尾祐一、以下「フィデアHD」)と、金融商品仲介業務の提携(以下「本提携」)に関する基本合意書を締結し、実現に向けた本格的な協議を開始することをお知らせいたします。

1. 本提携の目的

 当社グループは、本年度が最終年度となる中期経営計画「New Age’s, Flag Bearer 5 〜新時代の旗手〜」にて掲げている施策の一環として、有力地方銀行とともに提携合弁証券のビジネスモデルを創り上げ、長年に亘り、着実にその実績・成果を積み上げてまいりました。そして、その提携ビジネスの経験によって培われた知見、ノウハウを、証券ビジネスに本格的に参入したい他の有力地方銀行にも広くご活用いただく、新たなアライアンス・モデルも構築しております。この新たなアライアンスによって、より幅広いお客様に支持され、より広域な地域社会への貢献にも繋がるものと確信しております。
 フィデアHDは、山形県を営業基盤とする荘内銀行と、秋田県を営業基盤とする北都銀行の経営統合により誕生した広域地方銀行グループです。県境をまたがる広域性から得られる充実した営業情報と、各部門への専門人材の配置による高い専門性という強みを活かし、お取引先に寄り添いそのニーズや課題にお応えするコンサルティング営業に注力しています。山形県、秋田県を中心とした東北地方に広く強固な顧客基盤を有するフィデアHDと、金融商品取引業務に関する豊富なノウハウと商品ラインアップを有する当社が、相互の強みを活かし、地域経済の活性化を推進していくとともに、高齢化社会における事業承継や資産運用など多様化するお客様ニーズに応えていくために、本提携について合意しました。
 また、本提携の合意とともに、両社は、富裕層向けビジネス(民事信託を含む)、事業承継に係るM&A、法人向けビジネス、スマホ証券・FinTech等のデジタル分野など、さらに幅広い分野での包括的業務提携に向けた検討も開始することにも合意しております。

2.  本提携の内容等

 本提携における主な合意内容は、以下の通りです。より具体的な内容については、両社が別途、金融商品仲介業務の最終契約の締結するところによります。

(1)取扱商品
取扱商品は、国内外株式、国内外債券、仕組債、投資信託(銀行窓販業務として、フィデアHDの子会社である荘内銀行及び北都銀行が通常扱わないもの)等。

(2)出向派遣
当社は、子会社である東海東京証券より、荘内銀行及び北都銀行に営業職員または内部管理責任者を出向させることを検討。

(3)その他のサポート
当社は、東海東京フィナンシャル・グループの機能を活用して、荘内銀行及び北都銀行に対し、研修・教育やコンプライアンス等、幅広いサポートを提供。

(4)業務の開始時期
金融商品仲介業務の開始は、遅くとも2021年10月1日から。

3. 本提携先の会社概要

会社名 フィデアホールディングス株式会社
本店所在地 宮城県仙台市青葉区中央三丁目1番24号
代表者の役職・氏名 代表執行役社長 田尾 祐一
事業内容 銀行その他銀行法により子会社とすることができる会社の経営管理、
ならびにそれに付帯または関連する業務
資本金 180億円
設立年月 2009年10月1日

4. 今後の見通し

 本提携の具体的内容につきましては、両社で検討・協議を行い、決定次第お知らせします。なお、本提携が当社の2022年3月期の業績に与える影響は軽微であると予想しております。

以 上

本件に関するお問い合わせは、広報・IR室 03-3517-8618 までお願いいたします。

プレスリリース一覧に戻る