デジタル

DX推進による独創的な経営戦略

東海東京フィナンシャル・グループは、急速に進むデジタライゼーション、FinTech技術の進化・多様化、金融分野への異業種参入、コロナ禍での新たな働き方など、事業環境の変化にあわせて持続的な成長を維持していくにはデジタル化が重要課題だと認識し、積極的に取り組んでいます。
AIを活用したデータベースマーケティング、相続診断シミュレーションシステム、資産運用分析ツールによる顧客サービスの向上、業務プロセスの変革などを進め、次世代型の証券ビジネス(証券DX3.0)を目指すともに、当社グループのスマホ専業証券機能、デジタル通貨、ブロックチェーン技術等を連携・発展させ、デジタル分野での次世代向け金融サービスツールの拡充、アライアンスパートナーとの協業を推進しています。
このような他の金融グループと一線を画す独創的な経営戦略を展開することで、経済と社会に貢献する総合金融グループとして成長し続けます。

DXへの取り組み

東海東京フィナンシャル・グループでは、「FinTech機能の融合による新しいサービス」、「パートナーとの連携」、「地域創生」において、先進性のあるFinTech機能を活用したビジネスモデルとして、地域金融機関や事業会社、自治体と協働し、サービスを提供していきます。

FinTech機能の融合による新しいサービス

ユーザー向けのデジタル金融のゲートウェイとなる機能(資産管理アプリ「おかねのコンパス(運営会社:TTデジタル・プラットフォーム)」やデジタル地域振興券/地域通貨アプリ等)や個別のFinTechサービス(スマホ専業証券「CHEER証券」、ロボアド、おつり投資、小口ローン、セキュリティ・トークン等)を、それぞれまたは一体的に提供するとともに、その中で取得するデータを活用した「AI」によるマーケティングなどにより、協業パートナーが相乗的にサービスを提供しあうことで、「デジタル金融のエコシステム」を構築します。

【株式会社TTデジタル・プラットフォーム】

東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社の100%子会社として、資産管理アプリの「おかねのコンパス」「そなえるコンパス」、地域経済活性を支援する①情報発信ポータル②デジタルポイント③デジタル決済の三つの機能を持ったアプリの開発と導入を行っています。
地方金融機関、事業会社、地方公共団体等に様々なソリューションを展開することで、エンドユーザーの皆さまに新しい金融体験をしていただくことを目指します。

おかねのコンパスのロゴ

【CHEER証券株式会社】

東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社の100%子会社として、“始めやすく、続けやすい、投資へ。”をコンセプトに、手軽に投資ができるサービスを提供しています。米国株式・国内株式・投資信託がすべて500円(ワンコイン)で手軽に始められ、口座開設から入金・取引・出金まであらゆることが、お客さまがお持ちのスマートフォンで完結できます。シンプルなデザインと分かりやすい操作性により、「始めやすく」「続けやすい」金融サービスを提供する証券会社を目指します。 

CHEER証券のロゴ

パートナーとの連携

東海東京フィナンシャル・グループのデジタル分野における強みであるSTOアジアネットワーク、ブロックチェーン技術の取込み、独自のスマホ専業証券機能を活用し、地域創生に貢献します。具体的には、①デジタル機能の提供による地域住民への金融サービス提供、②新たな資金調達手段の提供による地域の資金調達手段の多様化、③デジタル通貨プラットフォームを活用した地域の金融機関・事業会社等への最先端機能の提供を進めていきます。

地域創生

地域創生の領域については、地域金融機関を中核にした地域経済の活性化を目的に、その地域でブロックチェーン技術を活用した「地域通貨(デジタル通貨)」の発行、当該通貨による企業間取引(企業間決済・EDI)、法改正を見据えたデジタル通貨による給与払い、また、地域産業を資金調達面から支援する「セキュリティ・トークン」や「クラウドファンディング」の提供などを活用し、地域金融機関のDX とともに地域経済の DX にも貢献します。

デジタル分野の強みと将来

「DX銘柄への選定」

これまでの取組みが評価され、東海東京フィナンシャル・ホールディングスは「DX 銘柄 」に 2 年連続で選定されました。なお、証券会社でDX銘柄2021および2022に選定されたのは当社のみとなります。これは当社グループの独創性と優位性を持つDXプラットフォーム機能が評価されたものと受け止めています。

「DX銘柄」について

経済産業省は、我が国企業の戦略的IT利活用の促進に向けた取組の一環として、東京証券取引所と共同で、中長期的な企業価値の向上や競争力の強化のために、経営革新、収益水準・生産性向上をもたらす積極的なIT利活用に取り組んでいる企業を、2015年から2019年まで「攻めのIT経営銘柄」として、2020年からは、デジタル技術を前提として、ビジネスモデル等を抜本的に変革し、新たな成長・競争力強化につなげていくDXに取り組む企業を「DX銘柄」として選定しています。
「DX銘柄2022」より、経済産業省、東京証券取引所に加え、独立行政法人情報処理推進機構が選定に加わり、東京証券取引所に上場している企業の中から、企業価値の向上につながるDXを推進するための仕組みが社内に構築され、優れたデジタル活用の実績が表れている企業を業種区分ごとに選定しています。

DX銘柄2021 DX銘柄2022

・参考

経済産業省ニュースリリース